So-net無料ブログ作成
ドイツワーホリ対応保険!アリアンツから新登場!
歯科も妊娠も保障!(年間€876)
ブログランキングに参加しています♪応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

 

前の10件 | -

性別分かりました。 [妊婦生活]

さて、先日の32週?33週?の検診で、やっと男の子と分かりました。
男の子は早く分かるというけれど、うちの場合は二人とも遅かった。
二人目なんて9ヶ月目です。

姉は二人娘がいるのですが、かなり早い段階で「子宮が出来ている」といわれて女の子とわかったといってました。私の先生はそういうエコーの見方は一歳せず、ひたすらに股間を追っていましたwなので遅かったのでしょうか。
まあ私的には男でも女でもいいのです。元気で生まれてきてくれれば。ただそれだけ。

なお、先日のブログ更新の後南フランスに旅行に行ってきました。
ドイツは肌寒くなりつつあったのですが、南フランスは一日を除いては毎日海やプールに入れるほどのぽかぽか日和。とてもよかったです。でも大分黒くなりましたw

息子は海に入ったのは初めてでした。それが地中海なんてなんかうらやましい。私は九十九里で太平洋でしたから!
美味しいムール貝もたらふく食べて着ましたが、レストランの店員には「妊婦は買い食べないほうがいい」といわれ、「え?蒸してあるのにダメなの?」と重いそっこーググッたら問題なしみたい。むしろ鉄分が豊富でよいとのこと。
何よここに来てビビらせないでよと内心思いながらしっかり食べてきました。

しかもここ数年ドイツの物価が上がっているためなのか、観光地にもかかわらずレストランをはじめ他のものもあまり高く感じませんでした。なんか日本だったら観光地って観光地価格になっているのが当たり前だから覚悟していきましたがいい意味で期待を裏切られました。

来年の今頃は、多分旦那が育休をとって日本に行っている予定なので、わざわざ南フランスまではいけないけれど、また再来年にでも戻ってきたら行きたいなと思いました。
一緒に行った友人家族も気に入ってくれたようで何より。
いつか私の家族も連れて行きたいなと思うけど、こんなに長い休暇を取るのは難しいのかな。せめて甥っ子や姪っ子たちだけでも連れて行きたいです。

さて、そろそろ掃除と買い物しなくちゃ。


第二子そろそろ妊娠9ヶ月。 [妊婦生活]

こちらのブログにちょっとしたミスでログインできなくなっていまいまったく更新していなかったのですが、実は妊娠9ヶ月にそろそろなります。

もう9ヶ月なのに性別が分からず。。。 第一子の息子のときも遅かったですが、8ヶ月のはじめには分かっていましたし、そのときは他の誰が「女の子なんじゃない?」といっても、なんとなく「いや、男だと思う。」という変な自信がありました(笑。

今週の金曜にまたエコーがあるのですがその後は特に異常が無い限りエコーはやらない予定です。なので、金曜が性別を確認できる最後のチャンス!!!!と言うわけで妙にドキドキしています。
今回は絶対女!とか男!とか感じないので、なんか名前も考える気になれず(旦那は色々考えてるみたいですが)まだこういろいろとモワッとしています。

どこの家もそうだと思いますが、第一子でさらに初孫なんかだと、ジイジバアバが色々買ってくれまくって袖を通さずに物置に眠っている服などがたくさんあり、男の子ならまあ新しい哺乳瓶くらいしか買わなくていいのかも位の勢いで者がそろっているのですが、女の子ならやっぱりちょっとお洋服もおもちゃも買いたいし。

性別がどうにか分かることを祈って。


妊娠は体質によって出てくる症状が色々違うというのはよく聞く話だと思いますが、子供によっても全然違うんだなと実感する今日この頃です。
息子のときは出産後に始めてむくんだのに対し、今回は8ヶ月に入ったくらいから足がちょっとむくんでるかな?と思ったら、足はそんなに悪化せず手がむくみまくり。
ここ数日は朝ぐーすると第二間接がパキポキ鳴るくらい。痛みはちょっとありますが、「あ~箸もてない~、ふた開けられない~」と言うことはありません。でも見てもやっぱり指が芋虫みたいです。

血圧が上がってたらやばいかなと思って、義理の両親の血圧計を借りて図ったりしたんですが、特に問題なく。毎回の妊婦検診でも淡白も糖も出ておらず。。。これはお腹の子供との体質の相性なのかなと思ったり。血液型とかも関係あるのかもしれませんね。
なお、ドイツは生まれてすぐに子供の血液型を調べないので息子の血液型、私知りませんw
今回は産んだ後に聞いてみたいなと思いますが、知らないのが当たり前のドイツでそんなこと聞いたら「あら、父親が別にいるのかしら?」なんて思われちゃったりしてとか余計な心配してますw

あと、前回はむくみとかも無かったし、出産がどんなに大変なものなのか想像もついていなかったこともあり、産前は特にこれといって色々試さなかったのですが、今回は少しでも楽に産みたいと妊婦用の針に挑戦したいと思います。
予定日の4週間前から4階だったかな?するみたいです。
資格を取った助産婦さんがやってくれます。
私は前回と同じ助産婦さんに今回も色々お世話になっているんですが、その方は残念ながら出来ないので、出産予定の病院で予約してやる予定です。それをすると切開とか裂けるのとかを少し軽減できるらしい。ただ100%ではないけれどと言うことです。
旦那の家計が全員巨大児なので今回も3500gを越えるのは確実だと思います。頭も36cmと大きかったし、気休めでもいいので試してみようと思いました(笑。

 またそれについては治療を受けたら報告したいと思います。
さて、そろおそろ息子のお迎えに。。。


タグ:妊婦

バイリンガル教育の正解って。。。 [日記]

こんにちは。

久しぶりに二日連続の投稿ですw

今日も朝から曇っていて寒くてもうなんだかなぁと言う感じですが、
まあ先日ひいた風邪もよくなりました。
息子はまた鼻をたらしていますが。。。

ここのところ、日本人とドイツ人のハーフの子供を持つお母さんたちと
お話しする機会が増えてきたのですが、やはり育て方は千差万別。

共通していることは、両親ともにめげずに自分の母国語で
話しかけ続けるということでしょうか。

それ以外は皆さんさまざまな試みをしていたり、
仕事の関係で、日本に言ったり、シンガポールに行ったり、
アメリカに行ったりと国が変ってしまうこともあるので一概にこれをしているという
ものを探すのが難しい感じです。

それをやめてしまった方は、ドイツに住んでいる場合は
ドイツ語しか話せない、日本の場合は日本語、と
バイリンガルにすることが出来なかったケースが多いようです。

また、この周辺ですと、ハイデルベルグに日本語の補習校があり、
そこに通わせている方も多いようです。

週一度だけの授業なのですが、パートナーが日本語をまったくまたは
ほぼ話せないという方は、とても貴重な時間になっていると思いますい。

そして、私が思ったのは、両親がお互いの言語を習得している
(最低B2くらいのレベルまで)と、かなり子供がバイリンガルになる
確立が高いのではないか?ということです。
研究しているわけではないので本当がどうかは分からないのですが、
たとえば、お母さんは日本語でずっと話していて、
お父さんはそれに対してドイツ語で返して会話が成立している。
そんな感じです。

そうすると、専業主婦のお母さんは、日本語を使う機会が増えて、
なんだかドイツ語が鈍ってしまうという方もいる様です。
後は子供はやっぱり母親といる時間が長いのでドイツ語の
発音が悪くて、日本語で話すことをためらってやめてしまうというケースも
あるようですが、ここであきらめてはいけないようですね。

うちはまた1歳ちょっとで単語を両方の言葉で話し始めた段階です。
でも、人のいっていることは、ドイツ語でも日本語でも簡単なことなら
すべて理解しているようです。

ごみをゴミ箱に捨てたり、お気に入りの本を持ってきたりそういう簡単なことは
できるようになりました。勿論二ヶ国語で指示してどちらでも出来ます。

これから子供が幼稚園に通いだした頃が、日本語教育の苦境になるようですが、
またそのことはその頃にw

子供が騒ぎ出したので今日はこの辺で><


三寒四温どころか、十寒三温です。 [日記]

かぜっぴきばっかり繰り返している今日この頃。

ブログの更新がさらにさらに間をあけておりますw
私が風邪を引いたり息子が引いたり旦那が引いたり。。。
しかも天気がやっとよくなったと思ったら風邪を引いたり、
元気になったと思ったら天気が悪くなったり。

も~って感じなんですが、温水プールや室内アスレチックを使用して、
なんとか息子のパワー全快な感じをどうにややりこしていますw

息子ももう14ヶ月になり、出来ることが本当に増えました。
しゃべる言葉は、

日本語:ママ、パパ、飛行機、チッチ、ぶた、どうぞ、どうもなど。
ドイツ語:ママ、パパ、オマ(おばあちゃん)、オパ(おじいちゃん)、リヒト(光)、ブッダ(仏陀)、シュヌラー(おしゃぶり)など。

擬音語は消防車やパトカー、牛猫犬猿ライオン蛇などの鳴き声。

まあこんな感じでかなり面白くなってきました。
ちなみに仏陀と言うのは、こちらの家って日本の家よりもインテリアとして、
仏陀の像が家の中や庭に飾ってあるんですがそれが理由で
ブッダブッダとおばあちゃんが行っていたら、息子も言うようになってましたw

本当に子供って面白いですね。
なお、先日3月から4月にかけて2週間帰ったのですが、
義理の両親も一緒で国内旅行もあり、私自身実家に帰ったという感じがしなかったため、
旦那もそれを見かねて6月に1ヶ月弱、また帰国させてもらえることになりました。

と、その帰国も後2週間後に迫っています。ウキウキ。

なお、ここ2週間ぐらい、息子は飛行機に夢中でおもちゃはもちろんyoutube動画までせがむ勢い。
空港に行ったらものすごいテンションがあがってしまうこと間違いなし!
さらに飛行機に乗ったらいったいどうなってしまうんでしょう。。。
2ヶ月前よりもかなり色々なことが分かっているし、簡単なことは口で言えば
ほぼ理解している様子。きっと今回の帰国は楽しくなるはず!

らーめんたべたーい。


桜開花か~。 [日記]

日本のぽかぽか陽気、本当にうらやましいです。

ドイツはお日様は照っているものの、外に出るとブルブルっとする寒さが続いています。
日本から帰ってくる頃にはその寒さも和らいでいることでしょう。

さて、来週の水曜日出発なのですが、天気予報を見たら雪マークで照るじゃなないっすか。
飛行機遅延とかありませんように。本当にそれだけ祈ってます。
今回もルフトハンザで帰るんですが、たぶん、息子がほぼただで搭乗できるのは
今回が最後になります。
次からは75%払わなければいけない。。。うん。高いね~子供がいると高くつくね~
仕方がないけど。

さて、今は日本からのスカイプ待ち。

本当は一時間前からの予定だったけれど、おばあちゃんが少し具合が悪くて、
病院に薬をもらいにいったりで。海外にいると、こういうのを聞いたときに
何だか胸が締め付けられます。
はぁ。


あとは義理の両親が桜を楽しみにしているので、ちょうど開花時期で
よかったです。
むしろ今日と行くときは遅いくらいかな。
東京付近はちょうどいいみたいで。


3ヶ月ぶりのブログ更新。。。 [日記]

自分のブログを見て、更新していないブログに表示される広告が掲載されていてびっくりw

3ヶ月も更新できていませんでした。ですが、Gomyはここに健在です。
むしろ以前よりもパワーアップしていますよ!

子供は先日1歳の誕生日を迎え、すくすくと育っております。

 image_1.jpg

おじいちゃんにプレゼントしてもらったブランコに大興奮。
と気に入ったのもつかの間、3月に入ってぽかぽか陽気が続いていたのに、
今日はまた吹雪です。
ブランコも雪を被っています。残念。うん、残念だけど、いいんです。
なぜなら私たち、来週は日本に飛べるから♪

この前は5ヶ月のときに帰国して、およそ半年振りに日本のバアバジイジに
再開するわけですが、たぶんジイジは泣かれるでしょうw
男の人だけ人見知りするんです。

また、私はと言うと、ほぼ95%くらいは毎日子育てで終了してしまっているのですが、
パパやおばあちゃんの協力もあって、もしかしたら9月くらいから
日本語の先生をVHSでやるかもしれません。
私が心配なのは私のドイツ語です。
子供を産んでから、なるべく日本語で話すようにしているし、
コースにもまったく通っていない。
人との会話に困ることはあまりないけれど、先生としては
足りないんじゃないかと。。。
まあ、無理そうだったら無理って断ればいいしw
あまり深くは考えていないんですけどね。


なんだか今回はいつも以上に家族が恋しくて
ものすごく日本に帰りたいんです。ほんとうに。

息子はもう10ヵ月半くらいから歩き始めてしまって、
今はかなり早く歩けるようになりました。
成長の早さに、日本の家族は本当に驚くだろうな。

何はともあれ、焼肉食べたい。


車を買ってルンルンです。運転できるってすばらしい。 [日記]

またまた大分ご無沙汰してしまったブログ更新。お許しください。

私はと言うと、相変わらず育児に奮闘しています。
先日9ヶ月になった息子は息子はもう少しで歩いてしまうんではないか!と言う感じの動きをしています。
でも勿論まだ歩けないので、勇気を出して手を離してずっこけて泣いていたりしますw

 ドイツはクリスマスマーケットが始まり、もうどこもかしこもクリスマスクリスマスクリスマス。
昨日は2回目のアドベント野お祝いで、義理の両親が協会のイベントの手伝いに行っていたのですが、イベントの終わりにお茶のみがあるから息子を連れてきて遊びに来て欲しいとの要望が。。。
極寒の中ベビーカーをひいて協会まで行ってきましたw
お腹もすいていなかったのですが、無理やりケーキを食べて色々なおじいさんおばあさんと話して、
(でも方言が強くてなにいってるか分からないときもありましたw)

そんな12月も気が付けばもう10日ですね。
2012年ももう残りわずか。
遣り残しのない様張り切って生きたいものです。

今月はクリスマスの後に、また旦那の弟夫婦がすむチューリッヒに行く予定です。
チューリッヒはドイツ語が通じるのですが、方言が強く、さらにフランスよりなので、
ありがとうはダンケ出なく、メルシィ。
買い物したときに気をつけなくちゃw

 

 


生後7ヶ月の生活 [ドイツで育児]

あっという間に7ヶ月。
そろそろハイハイをしそうでしませんw

もしかすると立つ方が先かもしれません。。。うちの旦那もそうだったらしいのでf^_^;

ここ数日、友達から風邪をもらい人生初の風を引いた息子。
でもそんなにひどいものではないのでぐずりはそこまでひどくないのですが、長引いてます。
そしておじいちゃんおばあちゃん、私たち夫婦も撃沈です。

そんな息子の生活リズムはこんな感じ。


6:00 起床
6:30 朝食 離乳食
〜8:30 遊び
8:30 ミルク そのまま昼寝
9:30-10:00 起きる ジュース
〜11:00 買い物と散歩
〜12:00 遊び
12:00 離乳食
13:00 ミルク そのまま昼寝
15:00 起きる そしておやつとお茶
16:00〜18:00 遊びや散歩
18:00 離乳食
19:00 ミルク そのまま就寝
24:00 起きた時はミルク、起きない時は朝まで眠る。

大体24:00に起きると大体ミルクをあげますが、おしりをとんとんするだけでふたたび寝ることもあります。


だいぶ生活のリズムが安定してきましたが、その分自己主張が強くなり、ダメ!とイタズラを遮ったりするとものすごい怒りますw
あと眠くなったりすると「ンバンバンバンバー」といってしがみついて顔をこすりつけてきますwこれが何とも可愛いんです(((o(*゚▽゚*)o)))

はやくしゃべってくれたら楽しいのになと思う今日この頃。。。


核家族化と子育て。なんか分かるから切ない気持ち。 [ドイツで育児]

最近近著にある、日本で言う子育て支援みたいなものに通い始めました。
週に一度なのですが、とても有意義です。

こちらは日本ほど保育園のようなものはないみたいで、
その代わり幼稚園が2歳からなんだとか。
(夫婦で両方が1年筒ずつ育児休暇を取れるので、多分そうなんだと思います。)

で、そこには3歳までの子供が通えるのですが、
ほとんどの子はまだ幼稚園や保育園にも通っていない子がくるので、
お母さんたちも、第一子の場合は結構色々な子供を見れることで
ほっとしているみたいです。
自分の子はあーなんじゃないかコーナンじゃないかと
一人でいると悩んでしまうことも、同じくらいの子を見たり、
お母さんと話したりすると、「たいしたことじゃない、普通だ~」と
けっこうストレスもなくなるみたい。

私が先週結構仲良くなって今日も午後にお茶しに
行く予定なんですが、そのお母さんも結構育児ストレスで
めいっちゃっているみたいです。

この前は赤ちゃんの目が真っ赤になってて、みんな「あらないてたのはだぁれ~?」なんて
ふざけて話しかけたら、「ママも泣いてました・・・」なんて切ない顔になってしまって、
そしたらみんな「よくあることよ~みんなそうだから大丈夫!」となんとなくシュンとした
空気を取っ払ってました。
こういうのって大事だなと思います。ほんと。
旦那と二人だと、しょうがないよ赤ちゃんだから。と別に押し付けられているわけではないけど、
気持ちがめいっていると、「じゃあどうしたらいいの?」と考え込んでしまうことも、
同じ状況でがんばっているママたちに言われると、「考えても仕方ない!ガス抜きしながら
がんばらなきゃ」って気持ちに慣れると思います。

そして、ドイツをはじめとするヨーロッパはどこもそうかと思うのですが、
特に経済の強いドイツには、近隣諸国から多くの外国人が移民したり
国際結婚してドイツに住むということが本当に多くて、
実家の近くに住む、と言うのは本当に少ないようです。
私の姉も日本では筆禍の近くで、子供が3人いますが、うちの母が
よく手伝っていますし、私も主人の両親が隣に住んでいるので、
仕事があるときや、どうしても一人で出かけたいときなどは、
息子の面倒を見てくれます。
それに、主人があさいつも実家のほうに行って、「昨日の夜は
あまり良く寝なくて大変だった」などとこぼすと、義母のほうから
息子を見てあげるから少し休んだりリラックスしなさいと来てくれます。

そんな恵まれた状況でも「あ~~~~つかれた!」と爆発しそうになるのに、
頼れる人が誰もいなかったら、と考えると、やっぱり核家族化って
より多くのストレスをお母さんたちにこうむってしまっているのではないかなと思いました。
(勿論日本だと嫁姑問題があるので、母親が他の実家でないと
あまりうまくいかないことも多いと思いますが)

でも、そうやって明らかにめいっちゃっている人も目の前にすると、
すごく切ない気持ちになります。
じゃああたしが1日見てあげる!といいたくなるほど。実際は私も自分の子供で
手一杯ですが(笑。

その代わり、ドイツはベビーシッターが結構なじんでいて、
オペアと呼ばれる住み込みで若い子がベビーシッターをして
その代わり、部屋、食事、学費を負担してもらったりと言うのが
よくあります。
前にすんでいたトリーアでは結構よく見たのですが、今住んでいるところは
学生街でないので、ほとんどみません。
でも、TAGESMUTTERと呼ばれるベビーシッターさんはチョコチョコ見ます。
まあ日替わり母ちゃんってとこでしょうか(笑。

 さっき、例の彼女に電話したときもかなりストレスでやばそうな声でした。
後ろで赤ちゃん泣きまくってたし。。。私としゃべって出かけて気分転換になればいいんだけど。


U5と6ヶ月誕生日。息子の一日。 [ドイツで育児]

あっという間の半年でした!
出産から今日でちょうど6カ月。息子は驚きの早さで成長しています。

今日は6カ月検診でした。(ドイツだと6~7カ月検診でU5と呼ばれています)
息子はというと、身長70センチ、体重8,5キロにまで成長。

今日でちょうど6カ月なのですが、歯も2本生えていて、寝返りはもちろん
お座りや上半身の持ち上げなど色々できるようになりました。
小児科の先生には「運動神経がいいかもね」なんてお墨付きをもらいました。

旦那は歩けるようになったらサッカーでも習わせようかとその気です(笑。

離乳食も既に一日2食で、お昼には大人が食べているのを見ると
かむ真似をしながらよだれを垂らしています(笑。
本当によく食べてよく飲んでよく寝るんですが、
今日の健診では、身長が大きいので体重が重いけど
太っていないと言われました。よかった(笑。

うちの息子の大まかな一日は以下のような感じです。

7:00 起床
7:15 朝ごはん(離乳食:ミルク粥+フルーツソース)量的には小さめの茶碗1杯位。
8:00 遊び(床に転がしておくとギャーぎゃ言いながらおもちゃを手に取ったり寝返ったり色々しながら遊んでます。
9:00 ミルクまたは母乳70~100ml
9:30 朝寝?昼寝?とにかくちょっと寝る。
10:30 薄めたジュース100ml
10:45 遊び(1人にするとものすごい大きな声でほえるので一緒に)
12:00 お昼のバナナ(潰してあげる。半分くらい)+ジュース100ml
14:00 ミルクまたは母乳200ml そのままお昼寝
16:00 お昼寝から目覚め雄たけびw お茶を飲ませる。
17:30 夜ごはん(離乳食:お粥+お魚やお肉と野菜の潰したもの+デザートにフルーツムース少々)合計でお茶碗1杯位。
18:00 遊び(おばあちゃんのところに行ったりする)
19:30 お風呂に入る日はこのくらいに入れます。(ドイツでは毎日は赤ちゃんをお風呂に入れません><)
20:00~20:30ミルクまたは母乳 200ml 就寝
夜間に起きてしまったときはおっぱいで寝かしつけてます。
この後、私たち夫婦のDVD鑑賞などの時間となります。

毎日同じことの繰り返しなのですが、なんか子どもの成長というのは目に見えてわかるので大変なんですが楽しいです。

さて、少し長くなってきたので今日はこの辺で~


前の10件 | -

楽しんでいただけたら、ぽちっとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ヨーロッパ在住の日本人によるブログ blogram投票ボタン

海外旅行保険

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。