So-net無料ブログ作成
ドイツワーホリ対応保険!アリアンツから新登場!
歯科も妊娠も保障!(年間€876)
ブログランキングに参加しています♪応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

 

ドイツで育児 ブログトップ

生後7ヶ月の生活 [ドイツで育児]

あっという間に7ヶ月。
そろそろハイハイをしそうでしませんw

もしかすると立つ方が先かもしれません。。。うちの旦那もそうだったらしいのでf^_^;

ここ数日、友達から風邪をもらい人生初の風を引いた息子。
でもそんなにひどいものではないのでぐずりはそこまでひどくないのですが、長引いてます。
そしておじいちゃんおばあちゃん、私たち夫婦も撃沈です。

そんな息子の生活リズムはこんな感じ。


6:00 起床
6:30 朝食 離乳食
〜8:30 遊び
8:30 ミルク そのまま昼寝
9:30-10:00 起きる ジュース
〜11:00 買い物と散歩
〜12:00 遊び
12:00 離乳食
13:00 ミルク そのまま昼寝
15:00 起きる そしておやつとお茶
16:00〜18:00 遊びや散歩
18:00 離乳食
19:00 ミルク そのまま就寝
24:00 起きた時はミルク、起きない時は朝まで眠る。

大体24:00に起きると大体ミルクをあげますが、おしりをとんとんするだけでふたたび寝ることもあります。


だいぶ生活のリズムが安定してきましたが、その分自己主張が強くなり、ダメ!とイタズラを遮ったりするとものすごい怒りますw
あと眠くなったりすると「ンバンバンバンバー」といってしがみついて顔をこすりつけてきますwこれが何とも可愛いんです(((o(*゚▽゚*)o)))

はやくしゃべってくれたら楽しいのになと思う今日この頃。。。


核家族化と子育て。なんか分かるから切ない気持ち。 [ドイツで育児]

最近近著にある、日本で言う子育て支援みたいなものに通い始めました。
週に一度なのですが、とても有意義です。

こちらは日本ほど保育園のようなものはないみたいで、
その代わり幼稚園が2歳からなんだとか。
(夫婦で両方が1年筒ずつ育児休暇を取れるので、多分そうなんだと思います。)

で、そこには3歳までの子供が通えるのですが、
ほとんどの子はまだ幼稚園や保育園にも通っていない子がくるので、
お母さんたちも、第一子の場合は結構色々な子供を見れることで
ほっとしているみたいです。
自分の子はあーなんじゃないかコーナンじゃないかと
一人でいると悩んでしまうことも、同じくらいの子を見たり、
お母さんと話したりすると、「たいしたことじゃない、普通だ~」と
けっこうストレスもなくなるみたい。

私が先週結構仲良くなって今日も午後にお茶しに
行く予定なんですが、そのお母さんも結構育児ストレスで
めいっちゃっているみたいです。

この前は赤ちゃんの目が真っ赤になってて、みんな「あらないてたのはだぁれ~?」なんて
ふざけて話しかけたら、「ママも泣いてました・・・」なんて切ない顔になってしまって、
そしたらみんな「よくあることよ~みんなそうだから大丈夫!」となんとなくシュンとした
空気を取っ払ってました。
こういうのって大事だなと思います。ほんと。
旦那と二人だと、しょうがないよ赤ちゃんだから。と別に押し付けられているわけではないけど、
気持ちがめいっていると、「じゃあどうしたらいいの?」と考え込んでしまうことも、
同じ状況でがんばっているママたちに言われると、「考えても仕方ない!ガス抜きしながら
がんばらなきゃ」って気持ちに慣れると思います。

そして、ドイツをはじめとするヨーロッパはどこもそうかと思うのですが、
特に経済の強いドイツには、近隣諸国から多くの外国人が移民したり
国際結婚してドイツに住むということが本当に多くて、
実家の近くに住む、と言うのは本当に少ないようです。
私の姉も日本では筆禍の近くで、子供が3人いますが、うちの母が
よく手伝っていますし、私も主人の両親が隣に住んでいるので、
仕事があるときや、どうしても一人で出かけたいときなどは、
息子の面倒を見てくれます。
それに、主人があさいつも実家のほうに行って、「昨日の夜は
あまり良く寝なくて大変だった」などとこぼすと、義母のほうから
息子を見てあげるから少し休んだりリラックスしなさいと来てくれます。

そんな恵まれた状況でも「あ~~~~つかれた!」と爆発しそうになるのに、
頼れる人が誰もいなかったら、と考えると、やっぱり核家族化って
より多くのストレスをお母さんたちにこうむってしまっているのではないかなと思いました。
(勿論日本だと嫁姑問題があるので、母親が他の実家でないと
あまりうまくいかないことも多いと思いますが)

でも、そうやって明らかにめいっちゃっている人も目の前にすると、
すごく切ない気持ちになります。
じゃああたしが1日見てあげる!といいたくなるほど。実際は私も自分の子供で
手一杯ですが(笑。

その代わり、ドイツはベビーシッターが結構なじんでいて、
オペアと呼ばれる住み込みで若い子がベビーシッターをして
その代わり、部屋、食事、学費を負担してもらったりと言うのが
よくあります。
前にすんでいたトリーアでは結構よく見たのですが、今住んでいるところは
学生街でないので、ほとんどみません。
でも、TAGESMUTTERと呼ばれるベビーシッターさんはチョコチョコ見ます。
まあ日替わり母ちゃんってとこでしょうか(笑。

 さっき、例の彼女に電話したときもかなりストレスでやばそうな声でした。
後ろで赤ちゃん泣きまくってたし。。。私としゃべって出かけて気分転換になればいいんだけど。


U5と6ヶ月誕生日。息子の一日。 [ドイツで育児]

あっという間の半年でした!
出産から今日でちょうど6カ月。息子は驚きの早さで成長しています。

今日は6カ月検診でした。(ドイツだと6~7カ月検診でU5と呼ばれています)
息子はというと、身長70センチ、体重8,5キロにまで成長。

今日でちょうど6カ月なのですが、歯も2本生えていて、寝返りはもちろん
お座りや上半身の持ち上げなど色々できるようになりました。
小児科の先生には「運動神経がいいかもね」なんてお墨付きをもらいました。

旦那は歩けるようになったらサッカーでも習わせようかとその気です(笑。

離乳食も既に一日2食で、お昼には大人が食べているのを見ると
かむ真似をしながらよだれを垂らしています(笑。
本当によく食べてよく飲んでよく寝るんですが、
今日の健診では、身長が大きいので体重が重いけど
太っていないと言われました。よかった(笑。

うちの息子の大まかな一日は以下のような感じです。

7:00 起床
7:15 朝ごはん(離乳食:ミルク粥+フルーツソース)量的には小さめの茶碗1杯位。
8:00 遊び(床に転がしておくとギャーぎゃ言いながらおもちゃを手に取ったり寝返ったり色々しながら遊んでます。
9:00 ミルクまたは母乳70~100ml
9:30 朝寝?昼寝?とにかくちょっと寝る。
10:30 薄めたジュース100ml
10:45 遊び(1人にするとものすごい大きな声でほえるので一緒に)
12:00 お昼のバナナ(潰してあげる。半分くらい)+ジュース100ml
14:00 ミルクまたは母乳200ml そのままお昼寝
16:00 お昼寝から目覚め雄たけびw お茶を飲ませる。
17:30 夜ごはん(離乳食:お粥+お魚やお肉と野菜の潰したもの+デザートにフルーツムース少々)合計でお茶碗1杯位。
18:00 遊び(おばあちゃんのところに行ったりする)
19:30 お風呂に入る日はこのくらいに入れます。(ドイツでは毎日は赤ちゃんをお風呂に入れません><)
20:00~20:30ミルクまたは母乳 200ml 就寝
夜間に起きてしまったときはおっぱいで寝かしつけてます。
この後、私たち夫婦のDVD鑑賞などの時間となります。

毎日同じことの繰り返しなのですが、なんか子どもの成長というのは目に見えてわかるので大変なんですが楽しいです。

さて、少し長くなってきたので今日はこの辺で~


また日本に帰ります。 [ドイツで育児]

最近時間が足りません。気がつくとすぐに一日が終わってしまい、ブログも更新出来ていませんでした><

でも、授乳も落ち着いてきて子育ても大変ながらなんだか楽しくなってきて毎日充実しております。
いつの間にか息子もそろそろ生後12週になります。
あやすとものすごく笑うようになったり、目の前に手を出すとつかむようになったり日に日に成長を感じることができ嬉しいのと同時に、子どもの成長のはやさに驚いています。
お腹にのせて昼寝をしたりもするんですが、もう絶対にお腹には入らないなって言うくらい大きくなってしまいました。

産まれたときは本当に旦那にしか似ていなくて、私のお腹にいたのにこんなにも母親に似ないものか?!と驚いたのですが、ここのところ、目をぱっちりあいているときは私?というかうちの家系の顔に近付いてきたので、まあ、間違いなくGOMY家の血が流れているなとホッとしましたw

s-写真 (5).jpg

これもちょっと前の写真なんですが、もう6キロ越していると思います。(なんか片方の口角だけ上げてニヤッとする表情をよくするんですw)
最初は52だった服のサイズが今は68で、74でもまあそんなにダボダボじゃないかな?
というくらい大きくなりました。
来月の11日にU4という子どもの3カ月検診があるので、その時にまた身長を測ってもらえるので楽しみです。
なお、先日予防接種を受けに行ったのですが、その時でプチっとさされて20秒くらい泣いてその後何事もなかったように泣きやみました。
でも、その日の夜はちょっと熱っぽくなって抱っこしていると日だまりを抱えているようだったのですが、機嫌は悪くなく夜もすやすや眠ってくれて、もらった坐薬も使わずにすみました。

と、題名に関係のないことばかり書いてしまいましたが、そうそう、先日帰国したばかりですが、また7月の終わりから帰国することになりました。今度は旦那も一緒です。
でも、真夏も真夏、日本の暑さが怖いです。といっても去年は9月まで日本にいたんですけど、でももうあの暑さを思いだすと・・・です。
ドイツはここのところ本当に心地良い初夏の暖かさでこの気候がずっと続いてくれればいいのに~という感じです。
誰か日本から遊びに来ないかな~。

あと、もう少しで家のリフォームが終わりそうです。今月の終わりにはキッチンが入り、ソファーが来て、来月の半ばには住み始められるかな?と思います。そしたら引っ越しパーティーする予定です。
寿司作らなきゃ。寿司。

さて今日はこの辺で~♪


授乳に追われ・・・な日々 [ドイツで育児]

2~3時間おきの授乳のため、毎日ほぼ何もできずに終わっていますw

なんか今は1人で手一杯なのに、いつか二人目なんか産んだら産後はどうなってしまうんだろうと今からちょっと不安がっています(笑。まあ、なるようになるのでしょうけど。
在宅で仕事をしていますが、それも結構ぎりぎりな感じになっていて、「育児、半端ない」と改めて実感しております。

そして、2週間後には、生後1月半のわが子を連れて日本への長旅が待っています。
うち二日は丸々外出になってしまうので、搾乳した母乳と足りない分はミルクで母に面倒を見てもらわなければなりません。
ちょっと心配だけど、まあ仕方ないです。

そして、いつもお家に来てもらっている助産婦さんが
「飛行機が離陸する際には、授乳しておくと、上空に行った時赤ちゃんが自然と耳抜きでいてるのよ」
と、教えてくれました。
離陸のときはいずれにせよ抱っこしていなければいけないので、授乳ケープも買ったし、授乳しながら離陸したいと思います。

さて、私の体調はというと、恥骨の違和感(痛みまではいかないんですが)が若干残るもののかなり身体も回復してきました。
トコちゃんベルトをしていると全く痛まないんですが、トコちゃんベルト外して行動しているとたまになんか変な感じがします。
また、母乳で育てているからかどうなのかわかりませんが、8キロちょっと増えた体重はもう戻っていました。でも、妊娠前に、日本で10キロ太ってしまったので、それを落とさないと始まりません。無理なダイエットは出来ませんが、食べ過ぎしないようにして、恥骨の違和感が取れたらどんどん運動し始めようと思います。

赤ちゃんはというと、昨日一カ月検診がありました。
頭の周りは1.7cm大きくなり、身長は2センチ伸び、体重は600g増。
とても平均的に成長しているらしいです。
Kinderarztinに「何を飲ませているの?」と聞かれて、
「母乳オンリーです!」と答えると。
「素晴らしい!」とほめてもらえました。あ~乳首が切れても頑張ったかいがありましたw

でも、相変わらず息子の食欲は底なしです。
夜は比較的定量を飲んで寝てくれるのでよいのですが、ここのところ、午前中は授乳したと思ったらまたすぐに授乳。
30分休憩をはさんでまたぐずりだすなんてとてつもないことをしていますw
元気に育ってくれればそれでいいのですが、あまりの食欲にびっくりするのと、あと、母乳を飲ませる前にちょっとマッサージしてから上げているのですが、それを待っている間に火が付いたように泣いて、準備ができると口を大きくあいて頭を振りながらパニックみたいになっていますwでもそれが何とも可愛いんですけど><

日本では家族のみんながもう待ちきれない様子です。先日スカイプした時には叔母や従妹まで来ていて、寝ていた息子を抱っこせずにテレビ電話に登場したところ、
「わ~おめでとう~なんかやせたね?・・・・ところで赤ちゃんは?赤ちゃん見れないの?なんでいないの?」と私のことはそっちのけで赤ちゃん赤ちゃんってみんな待ちきれない様子でした。
なんか私がおいてけぼりみたいでちょっと寂しかったですw 

日本に行くの楽しみだ~><旦那は仕事と大学で来れないのでうらやましすぎて仕方ないのでせめてものお返しとして、日本で私に買わせる買い物リストを作っていますw おほほほほ。
そんな旦那にいつも、Ich komme aus Japan だよ!Mein Heimatland だよ!って言ってます。


完全母乳を目指して。 [ドイツで育児]

授乳に追われる日々に昼寝をせずには居られない毎日を送っておりますw

といっても、夜中はだいたい1回か2回くらいしか授乳しないので比較的よく眠れているはずなんですが、やはり睡眠が途中で切られてしまうと私は日中ねむねむしてしまいますw

出産直後から助産婦さんが赤ちゃんにおっぱいを上げるように連れてきてくれてそこから母乳がスタートしました。
私は産前からおっぱいマッサージをしていたので、分泌物が既に出るようになっていました。
なので、始めから微量ではありますが母乳は出ていたのですが、まだ吸うのがへたくそな赤ん坊と出る量の少ない母乳で始めはなかなかうまくできずに大変でした。

そうこうしているうちに産後2日目にして既に乳首から血がw 夜中にナースコールをして「ちがでちゃいました~T_T」と看護婦さんにヘルプ・・・。
そうすると、ケア用のパッドのようなものをもらいそれで何とか気を紛らわせていました。
赤ちゃんが口にする部分なので薬はつけられません。食べても害のない保湿兼冷却できるものが付いているMulti-mumとかいうのだったと思います。
(なお、産後薬局で買ったら12枚入りで8.4ユーロ位でした)高くてびっくりw
12時間で交換しなければいけないので、3日で終わってしまいます。

退院したその日の夜のこと、おっぱいが張り裂けそうに腫れあがり熱くて痛くて半べそをかいていたのですがこれであきらめたら母乳が出なくなる!と夜通し赤ちゃんにおっぱいを飲ませ続けました。

するとそのかいあってか、次の日からなんとおっぱいが柔らかくなり、手でぎゅっとやるだけで母乳が出てくるように。なんとなく峠を越えた気がしましたw

そこからは乳首の出血も治まりちょっとまた痛みはありますが、赤ちゃんの体重も順調に増えております。
退院した次の日には助産婦さんがお家に来てくれて子宮の戻りを見てくれたり、授乳の指導をしてくれたり、赤ちゃんの健康状態を見てくれたり至れり尽くせりです。

助産婦さんいわく、赤ちゃんにきちんと飲ませるコツは、お母さんがリラックスした状態で授乳することだそうです。なれないときはいろんなところに力が入ってしまうのですが、やりやすい体勢を確保して、赤ちゃんをギュッと身体に密着させて顎を入れる感じで授乳させるんだそうです。

でも確かに、そうしたらごくごく飲んで授乳の時間が短くなりました。その理由としては、身体が離れて顎がきちんと入らないと、赤ちゃんはのみにくいのもあり、途中で遊んでしまうんだとか。
もちろん気分で遊んでしまうときもあるのでそういうときは指を入れて乳首から話して、もう一度飲みたがったらしっかり顎おいれてくわえさせ直すんだそうです。

私はあまり知らなかったのですが、母乳の赤ちゃんはほとんどゲップをしません。
母乳は哺乳瓶と違い空気が入らないから普通のことなのだそうですが、はじめは一生懸命ゲップさせようとして背中をとんとんとんとんしてしまいましたw

あ、そうだ、あとは乳首の傷には紅茶パックがいいと言われました。
紅茶のティーバック(のんだ後のものでいい)をさまして、乳首に15分のせて、その後きちんと乾かす。
これだけです。私も治りが早かった気がします。紅茶に含まれる黄色い成分が傷の直りを早くするらしいです。

さて、記事が長くなってきたので今日はこのあたりで。。。


ドイツで育児 ブログトップ

楽しんでいただけたら、ぽちっとお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ヨーロッパ在住の日本人によるブログ blogram投票ボタン

海外旅行保険

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。